ディ~プな日々

試される大地に住んでいるゲーマーの日々

ゲーム

シャドウバース アリーナで勝率を上げる方法~5Winの道~

cujgmecwiaa_xn1

最近になってシャドウバースのSteam版が登場しました。
シャドウバースが海外でもプレイされる事が今後は増えてきそうです。
私は2016年6月あたりからぼちぼちはじめてシャドウバースではアリーナ専門でプレイしています。
たまにランクマッチもしますが、ハースストーンと違って無課金プレイなのでカードプールが少ないです。
のんびりアリーナでパックをコツコツ稼ぐ日々です。
アリーナはランクマッチと違って即興デッキで戦います。
いつも違う戦いになるので多少のコツが必要です。
今回はアリーナでの勝率を上げる方法をご紹介します。

シャドウバース アリーナで勝率を上げる方法~5Winの道~

まず直近の実績・勝率についてご紹介します。
私の平均勝率は大体3.8~4.2勝あたりです。正直もっと上手いプレイヤーは沢山いると思います。
ツイッターでもたまにつぶやいてますが、大体ロイヤルかネクロを使います。
エルフとドラゴンでも5Winはしましたが、ビショップとウィッチではまだです。

こんな感じで定期的に5Winはしていますが、アリーナに関してはハースストーンでの経験がかなり生かされています。
個人的にはアリーナで勝ちたいならハースストーンの闘技場を経験してみると上達していくと思います。

アリーナの上達方法 ~ヒーローの選び方~

さて本題に行きます。アリーナでの勝率を上げたいならどうするば良いか。
まず強いヒーローを使いましょう。アリーナで勝ちたいなら『ロイヤル>=ネクロ>>エルフ>>ドラゴン』この優先順位で選びます。

ロイヤル

roiyaru

ロイヤルは序盤からフォロワーを並べていればだいたい勝ちます。
中盤~終盤において除去スペルが使われない限り盤面の優位をずっと保てます。
終盤にかけては単体ミニオンの弱さが露呈するので出来る限り早期に決着をつける方が良いです。

ネクロ

nekuro

ネクロは単体除去に強いスペルと中盤から優位が取れるネクロマンスで盤面の優位を保ちます。
序盤にネクロマンスを貯めていき中盤~終盤でネクロマンスを利用した有利な状況を確保します。
序盤に相手のフォロワーとは五分五分にするような状況下を維持していればネクロマンスで逆転が可能です。
ネクロマンスの使い道はダメージやフォロワーを増やす効果に一方的な有利を確保します。

エルフ

eruhu

エルフは数多くのカード効果でほぼ手札切れを起こさないような動きが出来るのでハンド差などの物量で勝負します。
フェアリーを手札に加える効果のあるカードを多めにピックして定期的に手札を確保します。
エルフの特徴として、2枚以上使った状況下で3枚目をプレイすると効果が発動するカードが存在します。
これを使うのには1マナで使えるフェアリーを手札に温存しながら戦う事で有利に持っていけます。
ロイヤルやネクロよりは少しプレイングに癖がありますが、エルフでも5Winは可能です。

ドラゴン

doragon

ドラゴンは序盤の動きは微妙なものの、後半はオーバーパワーとも言えるスペックの高いフォロワーで相手を押し潰します。
序盤をいかに耐えるかが鍵で中盤~終盤から使える『覚醒』からが本番です。
スペックの高いフォロワーで相手のフォロワーを掃除しながら有利な盤面を確保します。
ドラゴンは数は少ないですが、盤面の全てのフォロワーに対して効果のある除去スペルがあります。
ドラゴンは覚醒前は不利な場面が多いので、不利な盤面を除去スペルで一掃する必要が出てきます。
運良く除去スペルのピックが出来たら序盤~中盤で少しでも有利になれそうな盤面で使いましょう。

アリーナの上達方法 ~ピックの心得~

シャドウバースのアリーナは2枚のカードを同時にピックしてデッキを作ります。
デッキ枚数は30枚なので合計15回のピックした即興デッキで戦います。
ピックのコツとしては2マナは8枚~10枚、3マナは5枚~8枚、4マナは4~6枚を意識します。
5マナ以降は2~4程度で8~10マナは2枚~3枚に抑えましょう。
アリーナは序盤で不利な盤面を作ってしまうと仕切り直すのが難しいです。
手札事故で負けてしまう可能性を防ぐためにも2マナ~3マナを多めにピックして序盤の事故を減らします。
時には2マナ12枚前後でも5Winが可能です。

マナカーブを意識する

さきほど説明をしたように、手札事故や序盤の動きを安定化させるためにはマナを意識する必要があります。
2マナが頂点で8マナ以上が底辺になるようなマナカーブを意識してピックするとバランスが良いです。

スペックを重視する

マナカーブを意識しながらピックすることが覚えられれば次はスペックを意識します。
1マナなら1/2のフォロワー、2マナなら2/2、3マナなら3/2 or 2/3のようにスペックを意識します。
効果のないフォロワーでもスペックが高いならそれが強みになります。

除去スペルは3~4枚は欲しい

相手のフォロワーを確定で倒す除去スペルや3~6ダメージが出る除去スペルが3~4枚は欲しいです。
これらは相手の進化したフォロワーに対して積極的に使います。
アリーナでは進化した相手のフォロワーを進化した味方のフォロワーで潰すより除去スペルで倒す事が後々で有利な状況を確保出来ます。
特に先攻であれば進化出来る回数は2回なので除去スペルか強力なフォロワーで相手より有利な盤面を保てないと不利です。
中盤~終盤では除去スペル・強力なフォロワー・進化回数のうち1つでも残ってないと逆転する方法が難しいです。

アリーナの上達方法 ~プレイング~

temisu

アリーナで最も怖いのは横に並んだフォロワーが全て消えてしまう事です。ランク戦でも全て消し飛ぶのは恐怖ですね...
一番簡単な例はビショップの『テミスの審判』です。使われたら不利な状況になるのは間違いありません。
この『テミスの審判』のように相手が最も強い行動をするタイミングを意識しながらプレイングしましょう。
ビショップなら6マナの『テミスの審判』、ネクロなら3マナ・ネクロマンス6からの『腐の嵐』が代表的です。
除去スペルはありませんがロイヤルだと4マナの『フローラルフェンサー』、6マナの『海底都市王・乙姫』『ツバキ』に警戒です。

相手の行動を考える

プレイングに関しては色々な指南が出来ます。相手のプレイ、自分のプレイについて考えることが大切です。
もう少し抽象的な言い方をするなら相手の行動を考えることです。
例えば手札に『テミスの審判』を持っているビショップが5ターン目に除去スペル・アミュレットを使ってくる可能性は低いです。
わざわざ次のターンで盤面が綺麗に出来るのに5ターン目で相手のミニオンを潰す必要はありません。
もし5ターン目に除去スペルを使ってくるなら『テミスの審判』は持ってない可能性が高いです。

ensyento

その他の例も紹介しましょう。
こちらにフォロワーが居るのにエルフが本体を殴りに来た場合は『エンシェントエルフ』を持っている可能性があります。
エンシェントエルフは場に居るカードの分だけ強化が行われるのでフォロワーを減らさない工夫として本体を殴ってくる可能性があります。
こちらも本体を殴りに行くと次のターンにはエンシェントエルフが出てきて処理するのに苦労することになります。
多少不利になっても良いので相手のフォロワー減らしておきます。

相手の行動は何かしらの意味を持っています。自分が考えている行動と違う動きをしたら何をしたいのか考えましょう。

進化は大切に使う

huro-raru

フォロワーを進化できる回数は先攻は2回、後攻は3回です。
シャドウバースは進化回数が1回多い後攻はかなり有利です(最初のドローも2枚なので更に有利)。
しかし、進化回数が多いからと無駄に使うと負ける可能性も十分にあります。
カードによっては進化すれば追加効果の発動するカード、進化したフォロワーがいれば効果の発動するカードがあります。
ロイヤルの『フローラルフェンサー』は進化するだけで有利を更に有利に持っていけるカードです。
可能なら進化は条件を満たせば発動するカードに合わせて使いたいです。
その他にも終盤の殴り合いで勝つ為に温存するのも一つの戦略です。

進化したフォロワーは進化しないで殺せ

どんなクズ弱いカードでも進化していると+2/+2の修正を受けています。正直これは厄介です。
しかし、進化したフォロワーに対して進化で殴り合いをするのは進化回数を1つ無駄にしたことなります。
可能であれば除去スペルやフォロワーの効果で倒す事で進化回数を温存します。

先攻は5ターン目の除去スペル、後攻は4ターン目の進化が鍵

先攻は5ターン目、後攻は4ターン目から進化が出来ます。
後攻でプレイしているなら4ターン目で進化して盤面の有利を保てると中盤からの殴り合いでは有利になります。
進化するにしても進化後に効果があるフォロワーを4ターン目に使いたいです。
『フローラルフェンサー』のような4マナ最強カードが手札にあればかなり有利になります。
一方で先攻でプレイしているならば5ターン目に4マナで進化した後攻のフォロワーを除去スペルで倒したいです。
疾走がない限りは本体を殴れないのでフォロワーを殴りに来ます。その為、進化したフォロワーはダメージを食らっているはずです。
体力は多ければ3~4、低ければ1~2はあります。4ダメージ出る除去スペルなら相手の進化したフォロワーはだいたい倒せます。
1~2マナの軽量ミニオンと組み合わせれば2ダメージの除去スペルで進化フォロワーを倒すこともできます。

なぜそこまでして除去スペルでフォロワーを倒したいのか

進化したフォロワーは最低でも+2/+2の修正(カードによっては+1/+1)と突進を持てます。
進化は2マナ前後のフォロワー1枚相当の効果と突進が付与されるのでカード1.5枚分相当の価値があると考えています。
つまり、進化したフォロワーと言うのはカード2.5枚相当の価値(フォロワー1枚相当+進化1.5枚相当)があります。
この2.5枚相当の進化フォロワーを除去スペル1枚で倒すことは有利に働きます。
返しのターンで相手が再び進化をして来ても今度は有利な状況か五分に持っていけます。

もう少し掘り下げた話をして行きます。
進化の価値は先攻では2回なのでカード3枚相当、後攻では3回なので4.5枚相当の価値があります。
先攻は後攻が進化できる4ターン目から不利な状況になります。進化回数が少ないので盤面で有利が出来ていても後々は不利になります。
もし先攻が5ターン目にフォロワーを進化させて後攻のフォロワーを倒しても、後攻の3回目に進化したフォロワーに対処する方法がありません。
このため、先攻は5ターン目に進化を使わずに相手の進化フォロワーを倒すことが出来れば状況を五分に持っていけます。

最後に ~アリーナを楽しめ~

pack

増えるチケット、減らないルピ

この記事に書いてあるコツを活かして数多くのアリーナを経験していけば5Winに近づけます。
そして数多くのパックを手に入れてるのにルピーはちょっとしか減りません。

アリーナ経験を重ねていくうちに色々な出来事があるでしょう。
悔しい負け方をしたり、まさかの逆転勝ちが出来たり...様々な勝負があります。

時にはどんなに考えていても思いもよらないフォロワーが出てくることがあります。
軽量なミニオンだけれど物量で勝てそうと思った場面からの『アレキサンダー』。
強力なミニオンが数体並んでおりほぼ有利だと思った場面からの『黙示録』。
突然の『テミスの審判』。数ターン後にふたたび『テミスの審判』次のターンには『封じられし熾天使』。

アリーナでは時には相手が時には自分が思いもよらない行動で勝てたりします。
一喜一憂しながらもアリーナを楽しんで下さい。あなたは150ルピー払っているのです。
150ルピー分を楽しむ価値があります。数多くの戦いを経験して精神的にタフになりましょう。

-ゲーム
-, ,